スワミジNewsletter20140724「グル・プルニマ」

 

聖なる魂の持ち主たちへ

 

神の恵みにより、皆さんにおかれましてはご家族や大切な人々と共に健康で幸福にお過ごしの事でしょう。

 

今年も神聖なる時期がやってきました。グルに感謝し、ささやかなお礼と敬愛そして祈りを捧げる時期です。グルとは何でしょう。グルとは、我々の暗闇を取り除いてくれる師です。サンスクリット語で「グ」は暗闇を、「ル」は除去を意味します。従ってグルとは、我々の暗闇を除去し、人生の苦悩や苦痛や怨恨の原因となる幻想を真実の光で照らし出してくれる師のことです。グルが放つ真の理解という光を浴びて、我々のエゴや貪欲さ、過度の期待や錯覚は消滅するのです。

 

グル・プルニマ(Guru Purnima)はアシャダ(Ashadha)月の満月の日に行われる祝祭で、神聖なる期間であるチャトゥルマース(Chaturmas)の始まりを示します。多くの人や動物や農作物が犠牲となる熱く乾いた長い夏季が過ぎた、特にこのグル・プルニマの時期に得られる恵みの雨は、喉の渇きを癒し我々を元気づけてくれます。インドで雨が降ると、それは10分で止むような単なる小雨ではありません。それはむしろ天から注がれるネクターとも言える土砂降りの雨で、何ヶ月間も干上がっていた土地にたっぷりと水を与えてくれます。

それと同様に、我々が死ぬほど知識の渇きを感じるならば、また無知や怒りや暗闇が原因で心や精神が干上がっているならば、この日、グルは我々に叡智と愛と光と命の雨を降らせてくれます。それはまるで、終わりを知らない猛暑が続く夏の間、我々の中でしおれて黄色くなっていた花が、雨が降った途端に起き上がり瑞々しくなるかのようです。そして、自分の内面に宿る神を知らず死人のような状態であった我々は、グルの慈悲により即座に蘇るのです。

しかし、土が雨を深く滲みこませることでこの命のネクターの恩恵を受けるように、我々も、グルがもたらす神のネクターが滑らかに流れ落ちるような浸透性のよい管にならなければなりません。

 

グル・プルニマとは、我々の人生に光を授けてくれるグルへのシュラーダ、つまり信心を再確認する日です。そしてそれは、我々が自らの心や魂や命を改めてグルの神聖さの前にさらし、その恵みを我々の存在のあらゆる側面に浸透させ、いっぱいに満たす日でもあります。ここに、水面を歩きたいと願った男の興味深い物語をご紹介しましょう。男は、この大きな願望を成し遂げるために秘密のマントラか特別な恩恵を授けてくれるようグルに懇願しました。この男は非常に献身的で敬虔な信者であり、長年グルに仕えてきたので、グルはその弟子に、幾重にも小さく折り畳まれた一枚の葉っぱを授けました。そしてこう言ったのです。「この中には水面を歩くための秘密の手段が隠されている。しかし、お前は決してそれを開けてはならない。その手段は秘密だからだ」

弟子は承諾し、折り畳まれた葉を大事に握って川を渡り始めました。弟子は好調に歩いていましたが、突然好奇心に駆られました。秘密の手段とはいったい何だろう。本当に秘密が入っているのだろうか。それは粉だろうか、石だろうか、それとも中にマントラが書かれているのだろうか。グルはどこでそれを手に入れたのだろうか。弟子はその疑念に負けて、歩きながらゆっくりとその葉を開きました。その秘密が水中にこぼれ落ちないように細心の注意を払いながら。するとその中身が現れた途端、弟子は水に沈み溺れてしまいました。その葉の中にはこう書かれていたのです。「信心」

 

その弟子が奇跡を起こすために必要なのは、その葉っぱでもなく、秘密の粉でもマントラでもありませんでした。グルとグルから授かった恩恵を疑わない強い信心だったのです。その信心が揺ぎ疑念が忍び込んだ途端に、彼の命は途絶えました。これが信心の力です。

 

このグル・プルニマの時期に我々は見つめ直さなければなりません。いったい何がグルと弟子の関係を築くのでしょう。そして、なぜその関係が特別で、唯一無二で、力強く、人生の転機となるのでしょう。その答えは信心です。信心こそが奇跡を起こし、信心がなければ失敗だらけの人生となります。グルは無限の力や知識や慈悲を与えてくれますが、弟子に信心がなければ何も与えることができないでしょう。

ここに、素晴らしい詩を紹介しましょう。

 

子供が壊れたおもちゃを直してくれと泣いて差し出すように、

私は破れた夢を神に差し出した。 神は私の友だから。

だが、神が一人静かにそれを繕う暇を与えず、

私は自分の方法で手伝おうと神にまとわりついた。

そしてついにその破れた夢を奪い返し、泣きわめいた。 「どうして早く繕ってくれないのですか」

「息子よ」神は答えた 「どうしろと言うのだ。お前はそれを決して手放さないではないか」

 

この「手放すこと」が信心です。グルを信じ完全に身を委ねることができるならば、グルは人生の転機を与えてくれるでしょう。しかし、疑念や不信感を持って「まとわりつく」ならば、何も得ることはありません。

 

今年は、このグル・プルニマを緑のグル・プルニマにしましょう。降り注ぐ雨が大地に緑と

や命を息吹かせるように、グルへの信心により、心や人生に緑と命を息吹かせましょう。ウパニシャッドの中では、神々は宇宙のあらゆるものに宿ると言われています。ですから、我々が愛と人生と献身をグルに捧げるこの時期に、植物、動物、川、山、空気そして地球、その全てに同じ神が宿っていること思い出しましょう。この日グルに捧げる花を用意するのと同じ愛と献身をもって、母なる地球や自然を大切に守りましょう。我々がグルに捧げ得る最高の献上品、あるいは献身を示す最良の方法とは、全てのものに映るグルの姿を守り、保全し、献身することです。

 

グルが我々を元気づけてくれるように、グルの名と愛において、他者に活力をもたらす木々を植えましょう。グルが知識や理解や光明に対する我々の渇望を満たしてくれるように、地球上の全人類が安全で充分な飲料水に恵まれ体の渇きを癒すことが実現するよう努めましょう。グルが神の宿る新たな人生を与えてくれるように、地球上の全人類が、肌の色や文化や宗教の違いにかかわらず、飢餓や口渇や抑圧から開放された暮らしを手に入れられるよう取り組みましょう。

 

そうすれば、グルが我々を照らす光を見るだけなく、自らがその光の反射体となり、グルの光をこの地球の多くの物に届けることとなるでしょう。

 

愛と祝福と皆さんに

 

スワミ・チダナンド・サラスワティ

 

カテゴリー: スワミジNewsletter

ご訪問を希望される方

パラマータニケタンアシュラムのご訪問を希望される方には、日本フィットネスヨーガ協会の推薦状が必要になります。 →詳しくはこ推薦状ほ申請方法はこちら

日本フィットネスヨーガ協会

日本フィットネスヨーガ協会

International Yoga Festival

International Yoga Festival