著作権について

■ 著作権について
著作権の帰属
パラマータニケタン日本語ホームページのparmarthniketan.jpに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等のコンテンツの著作権は、日本フィットネスヨーガ協会及びコンテンツ提供者にあります。
これらの情報は、「私的使用」又は「引用」など著作権法上認められた場合を除き、日本フィットネスヨーガ協会に無断で転載、複製、放送、公衆送信、翻訳、販売、貸与などの利用をすることはできません。
日本フィットネスヨーガ協会以外の著作権者がいる場合は著作権者の許諾も必要です。また、記事の抜粋や要約についても著作権上の問題が生じることもあります。
引用について
著作権法上認められた「引用」とは、報道、批評、研究などの正当な目的のために、その目的上正当な範囲内で記事等を使うことを指します。
正当な範囲とは、(1)その著作物のその範囲を引用する「必然性」がある(2)質的にも量 的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係にある(3)本文と引用部分が明らかに区別 できる――という条件を満たすこと、及び出所の明示が必要です。
■ リンクについて
parmarthniketan.jpへのリンクは、営利を目的とせず、フレームなしで行うなど一定の条件を満たしている限り、原則として自由です。
リンクを張った際は、そのホームページの内容とアドレス及びリンクの趣旨、お名前、連絡先などをinfo@parmarthniketan.jpあてにお知らせ下さい。 parmarthniketan.jpの趣旨に合わない場合や、日本フィットネスヨーガ協会の事業や信用を害する恐れがある場合はリンク自体をお断りすることがあります。
■ 著作権・リンクに関する問い合わせ
parmarthniketan.jpのコンテンツやサイト画面の使用に関する問い合わせ、リンクのご連絡は、 日本フィットネスヨーガ協会本部へ。
東京都品川区大崎2-13-32富田ビル 03-3440-3415 info@parmarthniketan.jp  
 
■ 著作権について(詳細)  
日本フィットネスヨーガ協会がparmarthniketan.jpに掲載している記事・写真・イラスト類は著作権法による保護を受けています。
著作権は、ベルヌ条約などにより、メーンサーバーによる世界への発信を行っている米国はもとより、受信している各国でそれぞれの国の国内法による著作権の保護を受けています。  
著作権者の許諾を得ずにparmarthniketan.jpを利用できるのは、一般の方の場合、以下の【著作権の制限】に記載した「私的使用のための複製」及び「引用」 などに限られます。ただし、利用が認められる場合でも、著作者の意図に反した変更、削除を行うことはできません。また、記事の概要がわかる形で要約するこ とも、一般に著作権者の許諾が必要です。
【著作権の制限】  
著作権者の権利が制限されるのは、いくつかの場合に限られます。
このうち、一般の人に関係して、著作権者の承諾なしに著作物を使用できるケースとして、私的使用のための複製、引用などがあります。
1.私的使用のための複製  
私的使用とは、「個人的に、または家庭内その他これに準ずる限られた範囲内で使用すること」と定義されています。私的使用を目的とする複製は、使用する人 が自分で行う必要があります。記事、写真などのデータをダウンロードしたり、蓄積したりすることも、著作権法上の「複製」に当たります。営利を目的とはし ていない場合でも、また研究目的であっても、上に挙げた範囲を超えてダウンロードしたり蓄積したりすることは、私的使用とは言えません。
2.引用  
著作物の一部を使うだけなら「引用」として認められる、という考え方をしている人が多いようですが、著作権法では、引用については次のような規定をして、厳密な枠をはめています。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない。」  「公正な慣行に合致」し、「目的上正当な範囲内」で行われる引用とは、通常、次の3つの条件を満たしていないといけない、とされています。
(1)その著作物を引用する「必然性」があること。
また、引用の範囲にも「必然性」があること。
通常は、引用先が創作性をもった著作物であることが必要です。
(2)質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあること。
引用した人が表現したい内容がしっかりとあって、その中に、補強材料として原典を引用してきている、という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の文より少ないという関係が必要です。
(3)引用部分がはっきり区分されていること。
引用部分をカギかっこでくくるなど、本文と引用部分が明らかに区別できることが必要です。  なお、引用には、「出所の明示」が義務づけられています。引用部分の著作者名と、原作品名を挙げておかないといけません。

【著作権とは】   
著作権法では、著作者の権利として次のようなものを挙げています。  
1.著作者人格権   
著作物は、著作者の思想または感情を創作的に表現したものであり、個性・人格を反映したものとされています。著作者個人と切り離せないものとして考えられているのが人格権で、次のようなものがあります。
(1) 公表権:著作物を公表する権利
(2) 氏名表示権:原作に実名または変名を表示する(または表示しない)権利
(3) 同一性保持権:著作物やその題名の同一性を保持する権利。意に反して変更や切除などの改変を受けない権利  
2.著作権  著作権者は次のような権利を専有する、と規定されています。
従って、以下に示すような行為をしたいと希望する人は、著作権者の許諾をもらう必要があります。
(1) 複製権:著作物を複製する権利
(2) 上演/演奏権:一般の人に直接見せたり聞かせたりすることを、目的として上演/演奏する権利
(3) 公衆送信権:著作物を公衆送信(放送、有線放送、自動公衆送信)する権利。自動公衆送信装置に情報を入力するなど、送信可能な状態に置く「送信可能化」の行為を含む。公衆送信される著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利
(4) 口述権:言語の著作物を公に口述する権利
(5) 展示権:美術の著作物又はまだ公にされていない写真の著作物を、原作品により公に展示する権利
(6) 上映/頒布権:映画の著作物及びそこに複製されている著作物を公に上映し、又はその複製物により頒布する権利
(7) 貸与権:著作物の複製を貸与することにより公衆に提供する権利
(8) 翻訳/翻案権:著作物を翻訳/編曲/脚色/映画化その他翻案する権利  
なお、二次的著作物の利用に関する権利として、原著作者は、二次的著作物の利用については二次的著作物の著作者と同一の種類の権利をもつとされており、二 次的著作物を利用する場合にも、原著作者の許諾が必要になります。著作権者に無断で複製、翻訳、翻案、公衆送信、出版、販売、貸与、改変などの行為をする ことはできません。著作権法により、著作権者の権利を侵害した人には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金、という条項をはじめいくつかの罰則があ ります。

ご訪問を希望される方

パラマータニケタンアシュラムのご訪問を希望される方には、日本フィットネスヨーガ協会の推薦状が必要になります。 →詳しくはこ推薦状ほ申請方法はこちら

日本フィットネスヨーガ協会

日本フィットネスヨーガ協会

International Yoga Festival

International Yoga Festival