サイト運営者

サイト運営者
日本フィットネスヨーガ協会
代表橋本光が1973年よりヨガを世界各国で修行し、1993年に当協会を設立。設立以来、インドやアメリカ合衆国のヨガ団体と交流を深め、ヨガを日本人向けにアレンジし、インストラクターの育成に力を入れる。指導方法等を含めた研修により、育成した認定インストラクターが講師を務めるクラスは、週700クラスを超える。フィットネス業界のヨガのパイオニアとして、テレビ、新聞、 雑誌など幅広いメディアでも積極的にフィットネスヨーガの普及に努めている。

2007年3月1日~7日
州政府とパラマータニケタンアシュラムが取材するインターナショナルヨガフェスティバル2007が開催されました。
代表・橋本光が講師として出演すると同時に、フェスティバルに合わせて日本人30名で訪問しました。
訪問までの活動をヨーガヤトラと称して、パラマータニケタンアシュラムと日本フィットネスヨーガ協会が連盟の元、参加証を発行しました。
2007年1月1日
日印間の交流促進や本場インドで広くヨガを勉強できる環境を構築するため、日本フィットネスヨーガ協会とパラマータニケタンが諸々の活動を提携するにいたりました。
2006年12月
橋本光先生と京子先生がパラマータニケタンを訪問

2006年12月
第2回チャリティーヨーガフォーラムを開催
2006年8月
29日、30日にプージャスワミチダナンダサラスワティ師が来日され、京都と東京にて、連日、第一回チャリティーヨーガフォーラムを開催。同時に、「ドロップスオブネクター」日本語ダイジェスト版を発刊、配布。
2006年6月
日本フィットネスヨーガ協会の「チャリティーヨーガ」構想に賛同されたプージャスワミチダナンダサラスワティ師から賛同のメッセージをいただく。
2006年5月
日本フィットネスヨーガ協会の社会的活動の一環として、チャリティを通してヨーガの知恵を実践していくことを目的とした「チャリティーヨーガ」構想を立案。
2006年4月
「ドロップスオブネクター」の一節、「与えることは生きること、生きることは学ぶこと、学ぶことは知ること、知ることは成長すること、成長することは与えること」という考えに感銘し、ヨガを通して、このような考え方を実践するという活動ができないか検討。
2005年~ 06年3月
パラマータニケタンにて購入した、プージャスワミチダナンダサラスワティ師著者の「ドロップスオブネクター」を読み、日本フィットネスヨーガ協会にて、翻訳。
2005年3月
スマトラ島沖地震の基金を寄付するために、橋本光先生と京子先生がパラマータニケタンを訪問。
2004年12月26日
スマトラ島沖地震
プージャスワミチダナンダサラスワティ師が現地を訪し、宿泊施設を建てる等献身的な活動をされる。

ご訪問を希望される方

パラマータニケタンアシュラムのご訪問を希望される方には、日本フィットネスヨーガ協会の推薦状が必要になります。 →詳しくはこ推薦状ほ申請方法はこちら

日本フィットネスヨーガ協会

日本フィットネスヨーガ協会

International Yoga Festival

International Yoga Festival